【我が家のおうち時間】ダンボールで怪獣を作って遊びました

DIY

皆さん日々の生活ご苦労様です。
ギョーテンです。

今回は、新型コロナウイルスによるおうち時間(Stayhome)中に、子どもと一緒に遊ぼうとダンボール怪獣を作りましたので、それを記事にします。

作り方の参考にしたのは以下の動画です。
ぶっちゃけ、これと全く同じものを作りましたので、この動画を見ていただければ記事を読む必要はありません。

なお、作るときには特に寸法も図らず、ぶっつけ本番で完成させました。

必要なもの

 必要なものは、ダンボールを含めてたったこれだけです。

 ・段ボール 2箱

 ・ガムテープ

 ・カッターナイフ

 ・マジックペン

つくり方

つくり方は動画を見てもらうのが一番早いと思いますが、自分のつくった過程を、写真付きで解説していきます。

手順①

まずは胴体部分から作ります。

胴体には、ダンボール箱をひとつ、そのまま使います。

手順②

ダンボールの下側のえら? を4つ全て切り離します。

※ネットで調べたらこの部分は「フラップ」というらしいです。

手順③

首の部分を作っていきます。

上側フラップ4つを台形状に折り曲げてくっつけます。

この時、一番上は頭を通す部分になるので、四角い穴が開いた状態にします。

手順④

穴の大きさが決定するまでは、養生テープやガムテで仮止めします。

手順⑤

大きさが決まったら、折り曲げていた部分はカッターで切り取ります。

手順⑥

腕を通すための穴を開けます。

穴の位置は、子どもに合わせて決めて問題ありません。

ただし、大きさは余裕を持たせたほうが着やすくなります(我が家ではCDで型をとりました)。

手順⑦

穴の位置と大きさが決まったら、カッターナイフを使って穴のカタチに切り抜きます。

手順⑧

穴の部分をガムテープなどで補強しておくと、子どもがけがをしなくて済みます。

手順⑨

首の部分をガムテープでしっかりと固定します。

固定した状態で上から見ると、写真のような感じになります。

これで、怪獣の胴体部分は完成です。

手順⑩

胴体の次は、頭部を作っていきます。

残りのダンボールから、後頭部・右側頭部・左側頭部の3つを写真のようなカタチで切り出します。

※寸法は適当です。子どもの頭の大きさに合わせて切り出してください。

手順⑪

切り出した3つのパーツを、ガムテープで胴体に仮止めします。

※このあと、口のパーツを合体させますので、今は仮止め程度にしておきます。

後ろから見ると写真のような感じです。

後頭部は丸みを出すために、仮止め前にくるくると巻いておくと簡単に取り付けられます。

手順⑫

次は口の部分を作ります。

作成するパーツは、

  • 歯の部分(長方形のダンボール片) ×1枚
  • 上アゴ部分(三角形のダンボール片) ×1枚

です(ここだけ詳しく写真を撮るのを忘れました)。

手順⑬

作成した頭と口の部分をガムテープで固定し、カタチが崩れないように全体的にガムテープでさらに補強してやれば、ついに完成です。

あとは、お好みで目だったり、背びれだったり、尻尾だったりをつけてやれば、見た目も怪獣っぽくなって良い感じになります。

完成後、怪獣をみた子どもの反応は!?

見よう見まねで作り始めて、代替所要時間は1時間半くらいで完成しました。

我ながらクオリティもそこそこ良い感じにできました。

ギョーテン
ギョーテン

これは子どもも喜んでかぶって遊んでくれるだろうな~

動画みたいにちょーかわいい姿が見られそうだな~

ってな感じで意気揚々と子どものもとへお届けしたのですが……

見た瞬間から部屋の中を逃げまわり、かぶるどころか触りもしませんでした。

……まあ、そういう反応も予想していましたけどね。

今までこういった、等身大のおもちゃが家にはなかったですし。

急に出てきたらびっくりするのも分かりますし。

ただ、そのまま終わってしまうのは自分の1時間半が無駄になってしまいますので、自分が怪獣の中に入って、子どもを追いかけ回して遊んであげました。

子どもは逃げ回り続け、最後あたりはちょっと泣きそうになってました。

※2021年5月追記
ダンボール怪獣の失敗をバネに、仮面ライダーマスクをDIYしてみましたので、良かったらこちらもどうぞ。

まとめ

こういった工作物は大人になってからは始めて手を出しましたが、個人的にはとても楽しい時間を過ごせました(子供には喜んでもらえませんでしたが)。

子どもがもう少し大きくなったら、今度は一緒に何か楽しそうなものを作ってみたいですね。

楽天ウィジェット
ギョーテン

当サイト運営者。4歳児の父でロードバイク乗りの30代。

ギョーテンをフォローする
DIY子育て
ギョーテンをフォローする
スポンサーリンク
Pay It Forward MAG

コメント

タイトルとURLをコピーしました